ウィズスポーツクラブスタッフ 梶川諒太

from お気に入りのカフェ。

サッカーの技術にはたくさんの種類があります。

インサイドキック・アウトサイドキック・インステップキック・インフロントキック・トゥーキック。この他にもドリブル、ヘディングや足の裏、胸やモモなどサッカーは様々な技術の組み合わせによって成り立っています。

今日はインサイドキックについてご紹介したいと思います。

インサイドキックとは?

インサイドキックとは足の内側(くるぶし辺り)でボールを蹴ることです。

足の内側は面が大きく「止める、蹴る」という動作が最も正確に出来るのでインサイドキックはサッカーでとてもよく使われるキック技術の一つです。

しかし、インサイドキックは強いシュートや遠くへ蹴るロングボールには向いていないので短距離や中距離のパスとして使用されることが多いです。

インサイドキックで重要なのは、蹴りたい方向へ足の内側の面を向け、ボールを蹴る瞬間に足をしっかり固定することです。

この時、軸足の位置、軸足のつま先の向きも大切になります。

応用としてあえて軸足の向きを変えた技術の使い方もありますが、ここでは基本中の基本を押さえて頂きたいので、そこはまたの機会にしたいと思います。

ポイント解説!

インサイドキックの蹴る過程を分解したので、一緒にやってみてください!

  1. 軸足をパスの出したい方向へ向ける
  2. 蹴る足のつま先を上にあげ、足首を固定する
  3. 蹴る足の内側を蹴りたい方向へ向ける
  4. かかとを押し出すようなイメージでボールを蹴る

ボールを蹴る瞬間につま先を地面より少し上げ、くるぶしの下辺りで蹴ることでより正確なボールを蹴ることが出来ます。

基本的には軸足の横でボールを蹴ることで正確なキックをすることが出来ますが、軸足より前でボールを蹴ることでより力が伝わり、速く、強いボールを蹴ることが出来ますよ。

それでは、インサイドキックを蹴っている所を実際に見てみましょう‼︎

 

 

まとめ

いかがでしたか?

サッカーで最もよく使われるインサイドキック。サッカーの基礎を固める為にも必ず習得したい技術です。

ポイント解説でインサイドキックの蹴り方の流れを分解しましたが、一つ一つを意識してスムーズに繋ぎ合わせられれば自然と蹴れるようになると思います。

インサイドキックを習得すると、ポンポンとパスが繋がる様になって試合のリズムが良くなりますよ。

最初はうまく出来ないかもしれませんがこの記事を参考に反復練習をしてみてくださいね!

【追伸】

ウィズスポーツクラブのオンラインサッカースクールならお家でサッカーの技術をマスターすることが出来ますよ‼︎

ウィズスポーツクラブのオンラインサッカースクールはこちら。

↓↓

http://withspo-club.com/category/soccer/online-soccer-school

Pocket